忍者ブログ

Rune Quartz

銀色の猫の住処

さよならモラトリアム

「ねえ蓮子」
「なに?」
「私達このまま、本当に大人になっていいのかしら」
 紫の晴れ着に身を包んだメリーは、とても美しかった。
 私はパンツスーツで、就職活動の間イヤと言うほど着たものを着ている。
 社会人生活のためにスーツを新調する気はなかった。
「…仕方ないよ。いくら嫌だといっても時は止められない」
卒業証書をもらった瞬間から、私達は学生ではなくなる。
「もし、止められるなら」
「え?」
「私ね、幻想郷の結界を越えれるかも知れないわ」

今日は、卒業式でした。

拍手[0回]

PR

或る門番の憂鬱

ああ連れてってその世界
そこに何があるのかしら?
縛られた妖怪を
攫ってくれる人よ

拍手[0回]

感 情 逃 避

オリキャラのオリジナル小説の1シーンを描いたので
イラストと文を合わせてみたのです。

(※流血表現注意)

拍手[0回]

        
  • 1
  • 2