忍者ブログ

Rune Quartz

銀色の猫の住処

感 情 逃 避

オリキャラのオリジナル小説の1シーンを描いたので
イラストと文を合わせてみたのです。

(※流血表現注意)

……頭が重い。
すっかり冷えた体温。耳の奥に、降りしきる雨の音だけが響いていた。

………何をしていたんだ?

薄目で見る世界は、ただ暗い森だった。
記憶が定かでない。どうしてこんなところに立っているのか。
足の裏に感じるぬかるんだ土のせいでふらつきそうになる。
雨の匂いと微かに漂う甘い香りが俺の鼻腔を刺激している。それなのに何も覚えていない。
目を開ける。

 

視界に広がる、赤。
雨水と共に地面に吸収され始めているソレはそこに倒れている彼女のもので。
目に見えるものを受け入れられないこの脳が、現実を拒絶している。

血溜まりの中のユンは、固く瞳を閉じて横たわる。綺麗な水色の髪も血に濡れ雨に打たれ汚れていた。


Leaf Chain 22話「感情逃避」 より

拍手[0回]

PR